headband

WiMAXのサービス終了。

WiMAXは2009年にサービスを開始し、長い間多くの方に親しまれてきました。

しかしながら2016年5月をもって新規受付を終了しました。

さらにWiMAXは、2015年春からは下り最大40Mbps出ていたのですが、現在は下り最大13.3Mbpsに通信速度を下げてサービスを提供していました。

しかし、2017年3月31日をもってWiMAXはサービスを終了して、次世代WiMAXであるWiMAX2+に完全に移行します。

WiMAX2+。

WiMAXはWi-Fiのような無線通信規格のひとつです。

WiMAXの通信速度は現在13.3MbpsでWiMAX2+の通信速度は220Mbpsです。

WiMAX2+は2013年に開始された次世代のWiMAXです。この規格での通信速度は技術開発によりさらに高速化されています。

キャリアアグリゲーションと4×4MIMO。

WiMAX2+は以下の2つの技術を使い高速化しています。

キャリアアグリゲーション

キャリアアグリゲーションとは、複数の電波帯を使い通信速度を上げる技術です。

110Mbpsエリアの電波を2つ束ねて、受信最大220Mbpsを可能としています。

4×4MIMO

4×4MIMOは、基地局とルーターを、お互いに4つづつのアンテナで結ぶことで、複数のデータを同時に送受信して、超高速通信を行う技術です。

これら二つの技術により、WiMAX2+は最新機種ではなんと、下り最大440Mbpsを誇ります。

WiMAXからWiMAX2+への移行は、お得なキャンペーン適用で移行が出来ます。

WiMAXとWiMAX2+サービスの違い。

WiMAXよりさらに高速になったWiMAX2+(以下2+)ですが、WiMAXのように通信制限なしではありません。

通常プランであれば1ヶ月7GBまでの制限となっており、この制限を超えると通信速度が低速になってしまします。

しかし、2+にはギガ放題というプランがあります。このプランでは通信量が3日で3GB以上になると、混雑回避の為に通信速度制限が、翌日の昼から翌々日の昼まで適用されます。

しかしギガ放題では、通信速度制限時でも目安として、YouTubeの標準画質が見られるレベルの通信速度は保証されていますので、通常のネットサーフィンは、それほどのストレスなく行えます。

ポケットWi-Fiには、必ず通信制限があります。

他社やギガ放題プラン以外での通信速度制限時は、128kbpsや200kbpsの超低速になってしまうので、動画鑑賞どころか、通常のネットサーフィンさえもできない速度となります。

ということで、WiMAX2+のギガ放題プランはおすすめです。

ポケットWi-Fiで通信量無制限なのは、WiMAXの他にY!mobileがあります。

しかしY!mobileの無制限はアドバンスドモードと言って、AXGPという通信方式であり極端に通信エリアが狭いのが現状です。

アドバンスドモードの使用は現実的ではありません。

pagetop
Copyright(C) 2012 WiMAX2の人気の理由はどこに!? All Rights Reserved.