headband

WiMAXは旅行・出張先や外出中でも高速でインターネットを使えるという理由で人気が高まっています。ですから「WiMAXは地下でつながるのか?」という疑問をお持ちの方も多いでしょう。そこでこの記事では、この疑問に対する答えをご紹介します。

WiMAXは地下でつながりにくかった

これまでの WiMAXは、地下でつながりにくかったです。これは、WiMAXの使っている2.5GHzの電波は高速でまっすぐ進みやすいものの、その分回り込みにくいという特性があるため、地下にまで届きにくいからです。

WiMAXがつながる地下駅、地下鉄、地下街は増えてきている

ですが、WiMAX回線を提供しているUQの努力により、WiMAXがつながる地下駅、地下鉄、地下街は増えてきています。

例としてJRを挙げると、少なくとも以下の駅の地下コンコースや地下ホームなどでWiMAXやWiMAX2+が利用できるようになっています。

  • 新千歳空港駅
  • 仙台駅
  • あおば通駅
  • 榴ケ岡駅
  • 宮城野原駅
  • 陸前原ノ町駅
  • 大宮駅
  • 成田空港駅
  • 成田空港第二ビル駅
  • 東京駅
  • 新橋駅
  • 新宿駅
  • 池袋駅
  • 上野駅
  • 馬喰町駅
  • 新日本橋駅
  • 八丁堀駅
  • 横浜駅

また、東京メトロでも、全線の全駅でWiMAXが利用できるようになっていますし、WiMAXが利用可能な駅も、丸ノ内線の東高円寺駅と新中野駅、東西線の落合駅と高田馬場駅、それに副都心線の西早稲田駅と増えてきています。

そのほかにも、少なくとも次に挙げる地下鉄ではWiMAX2+が利用できるようになっています。

  • 札幌市営地下鉄全線
  • 仙台市地下鉄東西線全駅
  • 都営大江戸線・新宿線・および浅草線の全駅、都営三田線の三田駅〜高島平駅
  • 名古屋市営地下鉄の全駅
  • 京都市営地下鉄の全駅
  • 神戸市営地下鉄の西神・山手線および海岸線の全駅

なお、地下鉄の駅でWiMAXやWiMAX2+が利用できるのは、天井にアンテナが設置されているからです。白くて小さいサイズのアンテナなので一見煙センサーのような形をしていますが、改札近くの天井やホームの天井などで見ることができます。

pagetop
Copyright(C) 2012 WiMAX2の人気の理由はどこに!? All Rights Reserved.