headband

WiMAXのモバイルルーターを使っていて、通信が変に遅く感じる。通信障害かな?と思う方もいると思いますが、通信障害以外にも遅くなる原因は複数あります。

旧回線「WiMAX」を使っている

WiMAXのモバイルルーターが使う回線には、以前からある「WiMAX」と、比較的新しい「WiMAX2+」の二種類があります。

2015年3月以降、旧回線「WiMAX」の周波数帯が減らされ、余った周波数帯は新回線「WiMAX2+」に振り変えられました。周波数帯が減った分、旧回線の通信速度は下り最大13.3Mbpsまで落ちています。高速道路の車線が減少し、渋滞するようになったのと似ています。

今後はWiMAX2+が主流となるため、機種変更や新規購入の際はWiMAX2+の回線を使用する機種を選びましょう。

通信しすぎて速度制限を受けた

短期間のうちに多くの通信を行うと通信制限が課され、通信速度が下がる場合があります。以下のような場合に通信制限が行われます。

  • 3日間に3GB以上の通信を行った場合
  • 月に7GB制限のあるプランで、制限を超えて通信した場合
  • au 4G LTE回線を使用した月に7GB制限を超えた場合(ギガ放題加入者も含む)

3日間3GB制限は速度低下が緩やかです。月間通信量制限を避けるためにはギガ放題に加入し、4G LTE回線を使わないようにしましょう。

通信エリア外

  • 使っている地域の電波状況が悪い
  • ビルの中など、WiMAXが苦手な場所で使っている
  • 周囲が混雑している

公式HPのサービスエリアマップを調べて電波状況を調べましょう。△や?が出た場合は通信状況が悪いです。とりあえずエリアの拡大・改善の要望を出してみましょう。今すぐというわけにはいきませんが、時間がたてばWiMAX側が動いてくれるかもしれません。

エリアマップでは電波が良いはずなのに感度が悪い場合は「窓際に端末を置く」「人混みを離れる」などしてみましょう。

いずれも違ったら

モバイルルーターの電源を一時オフにして、再度起動してみましょう。それでもだめだったら、契約したプロバイダーのお客様サポートセンターに電話をかけてください。

pagetop
Copyright(C) 2012 WiMAX2の人気の理由はどこに!? All Rights Reserved.